オタク文化は世界に羽ばたく!

アニメや漫画などの日本の文化とも言えるカルチャー情報のまとめアンテナサイトです。

ラノベ

ラノベ作家志望の方は必見! カンピオーネ作者が小説家の卵にありがちなミスを語る

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

文筆業、小説家。主にライトノベル界隈にて執筆中。新刊、新しいお仕事などの告知をメインにしつつ、丈月城作品の奇特な愛読者さまに向けて副読本的テキストを新刊発売のタイミングに合わせて発表していこうかな……と、ゆるいスタンスで試験運用中。

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

職業で小説なんぞ書いておりますと、デビュー前の“小説家になりたい方”の原稿を読む機会などあるわけです。新人賞の審査員を頼まれたりもしますからね。 で、ここ数年、ある傾向が気になっておりました。

2018/05/14 16:36:15

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

第●次選考を通過したとか、ある程度の淘汰を経た段階になると、結構目につくようになります。 「この箇所はそこまで細かく書かなくてもいいんだよー」「この要素(大体バトル)は君の作品には余分だから思い切って削らなきゃ!」「作者の人が悪い意味でマジメすぎる」 という小説が。

2018/05/14 16:36:39

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

ある程度の段階まで来た『小説家の卵』の作品――小説としての体裁はほどほど整い、多くの要素を“まじめ”に書いています。状況説明、設定説明、バトル、恋愛、キャラの感情、会話、ドラマなどを。あまりメリハリなく。

2018/05/14 16:36:59

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

まじめすぎる小説家志望の彼らはまだ知らないのです。『余計なことを書かないのも小説の書き方のひとつ』『作品コンセプトに合わないものは省略するのも技』だと。

2018/05/14 16:37:18

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

炎尾燃先生ふうに言うと、こうかもしれません。 「創作の世界では悪い手抜きと、いい手抜きがある――っ!

2018/05/14 16:37:31

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

『ビキニアーマー装備の隣のママさん勇者~』。エロ小説です。このジャンルにバトルなんか要りません。すくなくとも僕は欲しくない(笑)。そんなの書くなら濡れ場を増やしやがれ。そして作者はさっくり一行で魔王をかたづけたそうそう、それそれなんですよw

2018/05/14 16:37:54

伊藤ヒロ@「女騎士さんジャスコ行こうよ」@itou_hiro

そ…そうなんだよ、さすが丈月さん、わかってる! 緻密な計算にもとづいて1行で飛ばしたわけですよ、ええ。ウン。

2018/05/11 15:57:45

伊藤ヒロ@「女騎士さんジャスコ行こうよ」@itou_hiro

(…と照れ隠しでツイートしたけど、実際、そこはちゃんと考えて1行で飛ばしたシーンだった。直前のシーンがちゃんと盛り上がったので、ハンパに行数使うとリズム崩れるので短くした)

2018/05/11 16:02:43

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

余計な要素を書かなかった理由はインテリジェンスでもセンスでも、推敲、友人の意見、何でもかまいません。それを書けば何かが台無しになるぞというポイントで、『引く』判断ができる。そこが肝なのです。 twitter.com/itou_hiro/stat…

伊藤ヒロ@「女騎士さんジャスコ行こうよ」@itou_hiro

(…と照れ隠しでツイートしたけど、実際、そこはちゃんと考えて1行で飛ばしたシーンだった。直前のシーンがちゃんと盛り上がったので、ハンパに行数使うとリズム崩れるので短くした)

2018/05/14 16:39:24

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

『不要なところは書かない』。その引き算ができている作品、意外と賞レースの候補レベルでもなかなか見かけません不器用な足し算ばかり。特にみんな、なぜかバトルをまじめに書きたがる(苦笑)。恋愛とかコメディジャンルの作品でも。それ迂闊にやると命取りになるやつやでーっ。

2018/05/14 16:39:50

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

しかし伊藤ヒロ氏はさすがキャリア十年超。将棋で言えばアマ二段みたいな人たちがひっかかる難所も軽やかにパスしました。ここで行数使うのは蛇足でしかないと。彼、実はかなりインテリジェントな小説家なのです。作風とは裏腹にw

2018/05/14 16:40:11

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

小説はプロアマの線引きが難しいジャンルですが、「引き算」ができる小説書きはひとつの壁を超えたと言えるのかもなあ……と、『ビキニアーマーのママさん勇者~』とプロ志望者の作品比較から思い至った次第です。

2018/05/14 16:40:27

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

あ、足し算しかできない人でも、稀に尋常でない情念とか妄想力にまかせた超パワー型加算式執筆スタイルで『上手くないけどすごいの』を書く人がいます。そういう人は例外。引き算なんて考えず、がんがんやってください(^_^)/

2018/05/14 16:40:41

丈月 城【あれこれ告知用?】@JoeTakeduki

……ま、引き算できたり超パワーで足し算できる小説書きは即戦力クラスなので、とっくにプロになってる可能性が高いんですけどね! 最近はデビューの入り口が多いから(苦笑)

2018/05/14 16:41:02

似たようなことほかの編集もいっていたし文章を書くときのテクニックのひとつなんだろうね
引き算の見極めは中々難しそうだけど
神域のカンピオーネス 2 ラグナロクの狼 (ダッシュエックス文庫)
丈月 城
集英社 (2018-03-23)
売り上げランキング: 186,291

Source: まとレーベル


↓ ↓ ネットショッピングでポイントをお得に二重取りする方法 ↓ ↓

ポイントサイト最大手!
150万人が登録しているポイントサイト
↓ ↓【ハピタス】↓ ↓
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

⇒【具体的方法マニュアル 無料DLリンク】


このエントリーをはてなブックマークに追加

-ラノベ
-, , , , ,

×